Japanese Red Cross Society
サイトマップ
文字小中大
HOME > トピックス > エボラ出血熱患者受け入れ想定訓練を実施しました

ご利用案内

病院紹介
採用情報
臨床研修医募集
看護職員を募集しています
地域のみなさま・医療従事者の方へ 研修・講座のご案内

エボラ出血熱患者受け入れ想定訓練を実施しました


12月19日三重県主催のエボラ出血熱患者の県内発生を想定した訓練のうち、県内唯一の第一種感染症指定医療機関として、受け入れ訓練が当院で行われました。
 今回の訓練では、エボラ出血熱発生国であるリベリアから帰国した男性が、帰国時は症状がないことから、検疫を通過したが健康監視対象者となっており、発熱の症状が現れたため疑似症と判断し、当院に搬送されるという設定で行われました。当院では、病床準備、受け入れ経路確認など実際の状況を想定して患者を病棟に搬入し、治療までの流れを確認しました。

警察車両とともに患者が搬送される  カプセル型アイソレーターで搬送
このページのトップへ