看護師・助産師 募集案内

臨床研修医募集

  • 院長メッセージ
  • 臨床研修評価認定取得
  • 研修プログラム
  • 研修医セミナー
  • プログラム責任者からのメッセージ
  • 研修医からのメッセージ
  • 指導医からのメッセージ
  • 処遇・待遇
  • 募集要項
  • 交通案内
  • 病院見学
  • 後期研修医募集
  • モバイルサイトへ
  • 伊勢赤十字病院のトップページへ
  • 日本赤十字社 伊勢赤十字病院

研修プログラム

プログラムの名称

伊勢赤十字病院 MMC臨床研修プログラム

プログラムの特徴

●内科・外科・小児科・産婦人科を中心とする全診療科では多数の症例を経験でき、プライマリ・ケア能力を習得することができる。

●指導医・上級医からの研修講義により実地臨床に必要な知識・技能を習得できる。

●研修スケジュール・選択科の履修などについては、各研修医の意向を配慮して決定する。

●指導医からの指導だけではなく、いわゆる「屋根瓦方式」として上級医からの指導を受けることができる。

●チーム医療を重視し、指導医、コ・メディカルスタッフ(指導者)が連携して、研修をサポートしている。

●二次から三次までの救急患者が来院する救急外来での診療を通して、プライマリ・ケア能力が習得できる。

●急性期医療を担っており、各科において集中医療・救急医療の基礎を習得できる。

●地域のフィールドでの研修を含めたプログラムで地域医療を学ぶことができる。また、へき地・離島等の研修プログラムも選択できる。

研修理念

伊勢赤十字病院では、赤十字の理念-人道-に基づき、人々の生命と尊厳を守り、患者中心の質の高い医療の提供を目指している。このような赤十字の理念を基盤とした人格の涵養と、“ 三重県中南勢地区の基幹病院” としての役割を果たし、地域住民からの信頼に応えられるような基盤となる幅広い臨床実践能力を育成するための臨床研修を目指している。

基本方針

1.幅広く臨床業務を経験できる研修プログラムを採用し、その中で、プライマリ・ケアに必要な基礎知識や技  術を修得すると共に、緊急を要する疾患または外傷に関する臨床的能力、さらに各科の専門的知識などを修 得することを基本方針としている。

2.受療者を全人的に診る医師としての感性や倫理性を、またチーム医療のリーダーたる人間性や教養の修得を目指し、コ・メディカルスタッフと協調して日常診療を行いうる医療人となるための研修の場を提供する。

プログラム責任者

東川 正宗(伊勢赤十字病院 副院長)

研修施設

基幹型臨床研修病院 伊勢赤十字病院
研修協力病院/ 施設 南勢病院/松阪厚生病院/熊野病院
三重大学医学部附属病院
尾鷲総合病院/飯山赤十字病院
鳥羽市立神島診療所/紀南病院
三重県伊勢保健所
伊勢赤十字老人保健施設 虹の苑
三重県赤十字血液センター
MMC関連病院

研修方式

● 研修期間 2 年
● 研修科

研修時期 研修科  研修期間 備考  
1 年次    必修科目 内科 6 ヵ月 1.循環器内科
2.腎臓内科
3.血液・感染症内科、腫瘍内科
4.呼吸器内科
5.消化器内科
6.肝臓内科
7.糖尿病・代謝内科
8.神経内科
※以上より1ヶ月ずつ5~6科選択
 救急 3 ヵ月 救急部2 ヶ月
1 ヶ月は2 年間の日当直にて換算する
選択必修
科目
 麻酔科 1 ヵ月 4 月・5 月のみ2 ヶ月ずつ
小児科 1 ヵ月
外科 1 ヵ月
 2 年次    選択必修
科目 
産婦人科 1 ヵ月
 精神科  1 ヵ月 松阪厚生病院、南勢病院、三重大学医学部附属病院、熊野病院のうち1 病院
必修科目  地域医療  1 ヵ月 尾鷲総合病院または飯山赤十字病院 
選択科目  選択  9 ヵ月 研修科の選択は任意とするが、到達目標についても考慮し選択すること。
必修科目、選択必修科目研修科の他に伊勢赤十字病院での各診療科、地域医療研修として紀南病院、鳥羽市立神島診療所、地域保健研修として三重県伊勢保健所、伊勢赤十字老人保健施設虹の苑、三重県赤十字血液センター、MMC関連病院等での研修を選択することもできる。

※内科系を希望する場合は1~8全科を2桁でローテートすることが望ましい。

年間研修プログラム ローテーション(例)

(月) 1 年目 2 年目
4 必修科目 内科 選択必修科目 産婦人科
5 精神科
6 内科 必修科目 地域医療
7 選択科目
8 内科
9
10 救急
11
12
1 選択必修科目 外科
2 小児科
3 麻酔科

※ローテーションは順不同で16 通りのプログラムを準備している。

各科研修内容

COPYRIGHT © JAPANESE RED CROSS ISE HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED