看護師・助産師 募集案内

臨床研修医募集

  • 院長メッセージ
  • 臨床研修評価認定取得
  • 研修プログラム
  • 研修医セミナー
  • プログラム責任者からのメッセージ
  • 研修医からのメッセージ
  • 指導医からのメッセージ
  • 処遇・待遇
  • 募集要項
  • 交通案内
  • 病院見学
  • 後期研修医募集
  • モバイルサイトへ
  • 伊勢赤十字病院のトップページへ
  • 日本赤十字社 伊勢赤十字病院

院長からのメッセージ

医師としての第一歩を当院で


伊勢赤十字病院 院長
楠 田  司


 
 当院は日本赤十字社の最初の支部病院として、1904年に創立されました。現在、地域医療支援病院、地域癌診療連携拠点病院、救命救急センター、地域周産期母子医療センター、第二種感染症指定医療機関、地域災害拠点病院、僻地医療拠点病院、エイズ診療拠点病院等の指定を受け、地域の中核病院として高い信頼を得ています。
 当院は地域医療連携の下、救急医療と入院を主体とした急性期医療を分担しています。地域医療機関の御協力により、平均在院日数が現在13日程で推移しています。
優秀な看護スタッフにも恵まれ、2007年1月から公的病院としては県下で最初に7:1看護体制が認定され、以後も安定して維持されています。全科豊富な症例を誇り、熱心な指導医の指導の下2年間で優秀な医師の養成を行ってきました。また赤十字事業の重要な分野である災害救護活動にも積極的に取り組み、各地の災害現場や防災訓練に医療スタッフを派遣しており、初期研修医も希望により参加して頂いています。2年間の初期研修終了後は3年間の後期研修も受け入れており、現在20名程が後期研修を行っており、今後も引き続き採用していくことにしています。三重県の僻地医療対策の一環として始まりましたバディホスピタル・システムに参加し、後期研修医を尾鷲市民病院に短期間の派遣を行っています。医師不足に喘いでいる厳しい状況を若い時期に体験することは、広い視野を持った優秀な医師育成に大いに寄与してくれるだろうとの考えから、積極的に協力していますが、派遣医ならびに被派遣病院双方から高く評価されていますので、今後も続けて行きたいと考えています。
 2011年8月に新病院が完成し、2012年1月にオープンし、病院名を山田赤十字病院から「伊勢赤十字病院」と改称しました。患者の療養環境の改善だけでなく、スタッフがゆとりを持って働くことが出来る、素晴らしい病院となりました。4月からドクターヘリの基地病院として活動しており、研修医も希望があれば同乗してもらっています。
伊勢市は全国一壮大な神宮の下に発展してきました。当地は気候、人情に恵まれ、山海の幸も豊富でとても暮らしやすい所です。県内外を問わず沢山の方のご応募をお待ち申し上げています。

COPYRIGHT © JAPANESE RED CROSS ISE HOSPITAL. ALL RIGHT RESERVED